プロミス審査にアナタは通る?申し込みシミュレーション

プロミスで限度額を上げるには?増額を申し込む前に知るべきポイント

「もうちょっと、お金が借りられたらなあ…」そう思う時って結構ありますよね。

最初はこんなにお金を借りることはないだろうと思っていても、いざ使ってみたら便利でつい…という方もいると思います。

もちろん借りすぎは危険ですが、きちんと返済出来る範囲内であれば、利用限度額を上げたい!と思っても不思議ではありません。

プロミスでは、そんなときに限度額を上げる申し込みをすることが可能です!

ただ、限度額を上げるのは、実はそう簡単なことではありません。メリットこそ大きいものですが、リスクやデメリットなど注意すべき点もいくつかあります。

限度額を上げたい!だけどどこに気をつければいいのか…この記事を読めばわかります!

利用限度額を上げる方法は「増額」!

利用限度額を上げる方法はずばり「増額」です。

利用限度額が上がるので、さらにお金を借りることが出来るようになります。

プロミスの場合、申し込みをしさえすれば増額出来るチャンスがあります。

増額は3つの方法で申し込みが可能

プロミスでは、以下の3つの方法で増額を受け付けています。

  • インターネット
  • 電話
  • 自動契約機

どの方法で申し込んでも、審査内容に差は出てきません。

…ここで「審査?」と思った方もいるかもしれませんので説明しますと、増額をするためには、改めてプロミスの増額審査を受け、それに可決する必要があります。

つまり、誰でも申し込みをすれば利用限度額が上げられる…というわけではないんですね。

おすすめの申し込み方法はインターネットです。自宅でも出先でも申し込みが可能ですし、申し込みに時間の制限もありません。

審査を受ける上で必要な書類はあるの?

審査を受ける上で、改めて書類が必要になることもあります。

新規の申し込みの際は、必ず運転免許証などの「本人確認書類」が必要でしたが、増額の申し込みは本人確認書類は必要ありません。

ただし、「収入証明書類」が必要になる可能性があります。

収入証明書類とは、年収がわかるような書類のことを言います。具体的には

  • 源泉徴収票
  • 確定申告書
  • 給与明細書(賞与がある場合、賞与明細書も)

のいずれか一点を用意しておきましょう。

収入証明書類が必要になるのは以下の条件、どちらかに該当した場合です。

  • 増額後の利用限度額が50万円を超える場合
  • 増額後の利用限度額と、他社消費者金融からの借入額の合計が100万円を超える場合

増額後も50万円以内になる場合、2つ目の条件に合致していなければ基本的に収入証明書類は不要です。

増額の審査で在籍確認はある?

増額の審査で、在籍確認は基本的にありません。

しかし、新規で申し込んだときから勤務先が変わっている場合は改めて在籍確認が行われる可能性が高いです。

増額の審査は結構かかる?

プロミスは新規申し込みですと、審査は最短30分で完了!とかなりのスピードですが、残念ながら増額の審査はそういうわけにはいきません。

そもそも増額の審査を行っているのは、平日の9時~18時までとかなり限定されていますし、新規の申し込みと同じように、その日のうちに結果が出ないことも珍しくないんです。

内容やあなたの借入状況などによって変わりますが、早くて即日、だいたい2営業日くらいはかかると思っておけばいいでしょう。

早く結果が出ることに対しては残念な気持ちにはなりませんしね!

利用限度額の増額をした際のメリット

利用限度額を上げる、すなわち増額したらどのようなメリットを受けられるのか?という点は気になるところですね。

「より多くお金を借りられる」、これは当然のメリットではありますが、それだけではありません。

金利が低くなる可能性がある

増額の最大のメリットといえるのはこれかもしれません。

プロミスの金利は4.5%~17.8%ですが、ほとんどの方が17.8%での利用となるでしょう。

しかし、実は金利には法律で決められた上限があり、100万円以上の利用限度額になると最高金利が「15.0%」になります。

仮にプロミスで50万円、他のカードローンで50万円の合計100万円の借入でも同じように感じますが、この限度額ですとどちらも最高金利(17.8%~18.0%)が適用されている可能性が高いでしょう。

ですがプロミスで限度額を100万円にした場合、同じ限度額で15.0%という金利で借りられるようになるわけですね。

ただこれは限度額が100万円以上になる場合であって、70万円など100万円未満の場合、金利が変わらない可能性も十分にあります。

返済の負担が少なくなる

金利が上がることでも返済の負担は少なくなるのですが、例えば複数のカードローンからお金を借りている場合、毎月それぞれに返済しなければなりません。

それが完済するまで続く(場合によっては追加の借入をしますので、ずっと続く…なんてこともありますよね)ので、最初はよくてもだんだん厳しくなってくることもあります。

しかし増額でしたら借入額に応じた返済額を月に1回支払うのみなので、返済の負担が少なくなる可能性があります。

いわゆる「おまとめローン」的な考え方ですね。

利用限度額の増額をした際のリスク・デメリット

利用限度額を上げることによるメリットは当然あるものの、それに伴うリスクやデメリットも当然あります。

特にリスクは把握しておかないと、申し込んだ後に「こんなはずじゃなかった」と後悔するハメになってしまう可能性も…!

増額はいいことばかりというイメージもあるかもしれませんが、決してそうではありません。

しっかりとリスク・デメリットを知り、増額審査をするべきか考えてみてください。

利用限度額が逆に下る可能性がある

これは驚く方もいるかもしれませんが、利用限度額を上げるために審査に申し込んだのに、逆に利用限度額が下がってしまう…ということもあります。

増額の審査をする上で、どのようにお金を借りていて、どのように返しているかというのは当然見られます。

その上で「この人にあんまりお金を貸してはならない!」と判断された場合、逆に利用限度額が下がってしまうこともあるんです。

また、利用限度額の減額はされなくとも、審査に可決しなければ当然限度額は変わりません。

ついついお金を借りすぎてしまう可能性が

より多くお金を借りられるようになると、つい気持ちが大きくなって不要な借入をしてしまう可能性も。

当然、毎月の返済の負担は増えますから「借りたはいいけど返せない!」という状況になってしまうかもしれません。

身の丈にあった借入が大切です。

急いでお金が必要な場合、別のカードローンの方が早い

「お金が急に必要になったけれど、限度額が足りないから増額したい!」と思う場合、審査の結果が出るまでに時間がかかり間に合わないことがあります。

そうなってしまうと、増額をしても意味がありません。

プロミスに限らず、多くのカードローンは新規申込時の審査よりも、増額の際の審査の方が時間がかかる傾向にあります。

そのため、できるだけ早くお金を借りたい!というのであれば、増額よりも他社カードローンを申し込んだ方が早いことの方が多いんです。

増額の申し込みをする前にチェックしておきたい項目4つ

さて、メリットとデメリットを把握した上で「それでも増額に申し込みたい!」と思った方もいると思います。

しかしもう少しだけ待ってください!

どうせなら、できるだけ増額の審査に可決したい…と思いませんか?

絶対にこう!というわけではないのですが、審査を申し込む前に、最低限クリアしておいたほうがいいといえるポイントがあります。

逆に言えば、このポイントが守れていなければ増額審査に可決する可能性は正直低いと言えます。

きちんとクリア出来ているかどうか、是非ともチェックしてみてください!

1:利用期間は1年以上あるか?

増額する上で「利用期間」は非常に重要です。

例えば、あなたに「ちょっと悪いけどお金を貸してほしい」と頼んできた人が、知り合って1週間の人と3年の人だった場合、後者には貸してもいいかな…と迷うことはあるかもしれませんが、前者にお金を貸すことはない!と断言出来る人は多いのではないでしょうか?

なぜお金を貸したいと思わないのか?それはその人となりを全然知らないから…ですよね。

知り合って1週間では「どんな人なのか」「きちんとお金を返してくれそうな人なのか」なんて判断出来ないといっても過言ではありません。

それは増額の審査にも言えます。

もしあなたがプロミスと契約して1ヶ月くらいで増額の審査を申し込んでも、プロミスからしたら「この人はきちんとお金を返してくれるような人なのか判断出来ない」わけです。

人となり、いうなれば「お金の借り方と返し方」を見るには1年ほどの時間が必要です。

カードローンによっては早くて3ヶ月から増額の申し込みが可能なようですが、6ヶ月以上経過してからという会社も多いです。

しっかり増額を狙うなら、やはり1年以上は利用してからのほうが安牌と言えますね。

ちなみに、利用期間ですので「お金を借りていること」が前提です。一切お金を借りたことがない状態で1年経ったからといって、増額が通るわけではありませんのでご注意ください。

2:増額後は総量規制に引っかからないか?

プロミスは消費者金融のため、総量規制の対象となります。

すべてのカードローン(他にはクレジットカードのキャッシング枠など)の契約している利用限度額の合計額が年収の3分の1を超えてしまってはいけません。

もし増額後の限度額が、総量規制に引っかかる…つまり、年収の3分の1を超えている場合、審査に可決しないか、あるいは総量規制の上限くらいまでしか増額できない可能性があります。

すでに他社のカードローンの利用もしている場合、増額出来るかどうかをまずは計算してみてくださいね。

ちなみに、総量規制の対象外となる銀行などのカードローンは計算に含めなくてもOKです。

3:他社からの借入を含め延滞をしていないか?

延滞をするということは、「返済出来る能力(安定した収入)がない」ことを示します。

当然人間ですから、ついうっかり返済日を忘れてしまった…なんてこともあるかと思います。

しかし延滞してしまうことは、増額の審査において非常に悪い意味で強い影響を与えます。

1日2日程度のものが1回だけ、ということであればそう大きな影響は出ないかと思いますが、何度も延滞したことがある場合は正直増額出来るチャンスはかなり少ないといえるでしょう。

4:増額の申込み後に他社へ新規申し込みを予定していないか?

増額の申し込みをして、結果が出るのが遅かったら別のカードローンに申し込もうかな…と考えていませんか?

決してその選択は悪いとは言いませんが、審査においてはこちらも悪影響を与えます。

他社から借り入れることによって総量規制にも影響が出る可能性がありますし、他からも借りているとなると返済能力をさらに問われることになるので、審査がシビアになってしまうこともあるからです。

利用限度額を上げることは可能。しかしその道は厳しい!?

利用限度額を上げること自体は可能です。しかし、プロミスを利用していれば誰でも増額できる!というわけではありません。

きちんと返済していること、延滞がないこと、総量規制にも余裕があること…などなど、意外にも厳しい道のりが待っています。

さらに、増額することで得られるメリットもありますが、同様にデメリットやリスクもあります。

本当に増額が必要なのか?を今一度しっかりと考えて、リスクやデメリットも把握した上で申し込むことをおすすめします。

閉じる
閉じる