プロミス審査にアナタは通る?申し込みシミュレーション

上げるも下げるも両方可能!プロミスで限度額変更する方法

「これだけ限度額があっても、そこまでお金を借りることはないなあ」という場合や、

逆に「限度額がこれだけしかないから、もっとお金を借りられるようにしたいなあ」という場合は、利用限度額の変更を行うことで、自分が理想としている形での借入をすることが出来るかもしれません。

カードローン大手であるプロミスでは、利用限度額の変更も受け付けていますので、そのようなことが可能です。

限度額を変更するにはどのようにすればいいのか、また変更する際の注意点などを説明していきたいと思います。

限度額の変更をする方法は全部で3つ!

限度額を下げたい場合、もしくは上げたい場合のどちらであっても、必ずすべきことは「限度額変更の手続き」です。

延滞などをしているのであれば話は別ですが、通常利用(お金を借りてきちんと返している)している場合、限度額が勝手に上下することはそうないからです。

限度額変更の手続きは

  • インターネットから
  • 電話から
  • 自動契約機から

のいずれかで行うことが可能となっています。

インターネットから変更の申し込みをする

プロミスの「会員サービス」から限度額の変更が可能です。

まずは会員サービスにログインする必要がありますので、「プロミスのカード番号と暗証番号」あるいは「Web-IDとパスワード」のどちらかを用意し、ログインを行ってください。

会員サービスにログイン後、「限度額変更のお手続き」から進み、希望する限度額や連絡先など必要事項を入力し送信することで変更の手続きを申し込むことが出来ます。

電話から変更の申し込みをする

プロミスコールに電話をすることで、利用限度額の変更を申し込むことが出来ます。

最初は自動応答音声になっていますので、オペレーターに繋いでもらい、そこで変更を申し込みましょう。

自動契約機から変更の申し込みをする

新規借入の時に便利な自動契約機ですが、会員情報の変更や利用限度額の変更も可能です。

自動契約機は出先の近くにある、というようなケースですと便利ですが、インターネットや電話から変更しても特別内容自体は変わらないため、理由がなければこちらを利用しなくてもいいかな、と思います。

限度額を少なくしたい場合はスムーズに手続き可能

もしあなたが限度額を今よりも減らしたい…と考えている場合、スムーズに手続きが進むと考えて問題ありません。

変更の申し込みはどの方法でも構いませんが、手軽さを考えるのであればインターネットで手続きをするのがおすすめです。

限度額の「減額」は申し込めばすぐに対応してくれる

なぜ限度額を下げる場合は手続きがスムーズに進むのかといいますと、限度額を増やすには審査が必要ですが、すでに契約している限度額よりも減らすことに対しては審査が必要ないからです。

例えば今の限度額が50万円という場合、プロミスはすでに「この人になら50万円を貸してもいい」と判断した状態なわけですから、そこから少なくなっても支障はないわけです。

もしかしたら「下げるのは勿体無いですよ」と言われるかもしれませんが、必要ないのであれば下げてしまっていいでしょう。

注意!限度額を再度増やす際には審査が必要になる可能性大!

ただし注意しておきたい点として、一度限度額を下げた場合、簡単に限度額を戻せるかはわからない、ということです。

先程の例を使いますと、現在利用限度額が50万円の状態で、そこから20万円にまで下げたとします。

「やっぱりもうちょっとお金を借りたい」と40万円まで引き上げたいとする場合、このタイミングで増額の審査を受けなければならない可能性があります。

もともとの契約は50万円でしたのでスムーズに戻せる可能性もありますが、限度額を下げる時と同様にスムーズに行えるかはわかりませんし、限度額が結局上がらなかった…なんて可能性もありますので、安易に下げるのはおすすめできません。

限度額を下げることによるメリット・デメリット

最後に、限度額を下げることによって得られるメリット、及びデメリットをまとめました。

メリット ・総量規制の金額に余裕が出来る
・借りすぎを防げる
デメリット ・必要なときに借りる額が足りないことがある
・再度限度額を上げるには時間がかかることも

緊急でまとまったお金が必要になった際に「下げなければよかった!」と思うこともあるかもしれません。

下げるのは簡単ですが戻すのは難しいため、「本当に限度額を下げていいのか」を慎重に考えてからの方がいいでしょう。

限度額を増やしたい(増額したい)場合、審査を受ける必要あり

逆に限度額を増やしたい場合は、限度額を下げる場合に比べると簡単ではありません。

極端な話、「しばらくカードローンが利用できなくなってもいい」という覚悟を持って申し込む、くらいの気合が必要です。

そこまで大げさな…と思われるかもしれませんが、増額は新規の申し込みに比べてそれだけリスクがある、と思ってください。

審査に可決すればはじめて増額出来る

利用限度額を下げる変更とは違い、上げる変更(増額)の場合、増額の審査に可決してはじめて限度額が引き上げられることとなります。

その審査は新規申し込みよりも基準が厳しいと言われているため、「プロミスに新規で申し込んだ時に審査に通ったから大丈夫だろう」と思っていたらいけません。

当然ですが、審査に否決した場合、利用限度額が上がることはありません。

これまでの利用状況によっては減額されることもある

審査に否決するだけであれば、まだいいかもしれません。

審査に申し込んだタイミングまでのあなたのプロミスの利用状況によっては、逆に利用限度額が下がってしまう可能性もあるんです。

減額されてしまう理由は

  • たびたび延滞(返済の遅れ)があった
  • 他のカードローンと契約していた

などが挙げられますが、仮に減額されたとしてもその理由はわかりません。

少なくとも増額をするなら、その基準を知っておこう

増額を考えているのであれば、少なくとも「まったく勝算がない状態」で申し込むことは控えるべきです。

とはいえ、勝算があるのかどうか判断する方法なんてあるのか!?という疑問は出てきますよね。

このポイントを守れていれば絶対に増額が出来る!というわけではありませんが、このポイントを守れていなければ「勝算がない(低い)」と言うことは出来ます。

  • プロミスの利用期間(借入・返済)は1年以上あるか
  • プロミス(他に借りているところがあるならそこも)で延滞がないか
  • 勤務先や住所などの情報に変更があった場合、きちんと変更しているか
  • 増額後の限度額が総量規制(年収の3分の1)を超えていないか

いずれも増額することにおいては重要なポイントとなりますので、チェックしてくださいね!

限度額を増額した際のメリット・デメリット

限度額を上に変更した際の、メリット及びデメリットも、限度額を下げた時と同じようにまとめました。

メリット ・さらにお金を借りることが出来る
・金利が下がる可能性がある
・多重債務を防げる
デメリット ・不正利用されたときの被害が大きくなる
・つい借りすぎてしまう可能性がある
・他社での借入がしづらくなる(総量規制)

お金自体は借りやすくなるものの、その分返済の負担も大きくなります。

つい「限度額が余っているから」とお金を借りすぎないように注意したいところですね。

プロミスで限度額の変更は可能。増額する際は注意!

プロミスでは、限度額を下げる場合でも、上げる場合でも変更の申し込み自体をすることは可能です。

しかし限度額を下げる場合はスムーズに手続きを行えても、上げる場合は審査に数日かかったり、上げることが出来なかったり、あるいは逆に限度額が少なくなってしまうリスクもあります。

もしあなたが増額を考えているのであれば、増額審査に可決する基準に達しているかどうかをチェックした上で申し込むかどうか決めることをオススメします。

閉じる
閉じる