プロミス審査にアナタは通る?申し込みシミュレーション

在籍確認後でも否決がある!?プロミスで審査に落ちる理由とは?

カードローンの審査って、どのような流れで行われるかご存知でしょうか?

詳しい方であれば、大体こんな流れだな…とわかる方もいると思いますが、まずは仮審査があり、そこで審査に通れば本審査…と進むのが一般的です。

この本審査の段階で行われるのが「在籍確認」で、これまた多くの方が「在籍確認に通ったのであれば、ほぼ審査は通ったようなもの」と考えているかと思います。

…が!実は!在籍確認後に審査に否決してしまうこともあるんです!

在籍確認まで行けば確実じゃないの!?在籍確認後に否決ってあるの!?と驚かれた方もいるでしょう。

あまり信じたくないような情報ですが、今回は在籍確認後に否決してしまう理由を調べてみました!

まずは審査の流れを改めて!在籍確認はどのあたり?

プロミスの具体的な審査の流れがホームページなどに記載されているわけではありませんが、大体カードローンはこんな感じの流れになっているよ…ということで、改めて審査の流れについてまずは確認してみたいと思います。

審査は大まかにわけて

  • 仮審査
  • 本審査

の2つに分かれており、在籍確認が行われるのは「本審査」のタイミングだと言われています。

仮審査では申し込み情報から機械的に判断をする

仮審査では、申込み時に申込者が入力(記入)した情報を元に、機械的に判断をします。

具体的にどのようなものかといいますと、多くのカードローンで使われている方法は「スコアリング」というもの。

それぞれの項目に点数をつけ、一定以上の点数を獲得していれば可決の判断がなされます。

例えば年収が200万円だったら3点、50万円だったら1点…というような感じですね。

なので多少点数が低い項目があっても、別の部分で点数が高ければカバー出来る可能性があります。

この時点で否決の判断になった場合、在籍確認が行われないまま否決の連絡が来ることもありますね。

本審査では書類との照らし合わせや在籍確認が行われる

本審査では機械的な判断ではなく、人的判断が行われる段階となります。

具体的には提出された本人確認書類や、登録されている信用情報と申込情報を照らし合わせ、おかしなところがないかなどをチェックします。

加えて、きちんと勤務先に在籍しているかどうかを確認するための「在籍確認」が行われます。

在籍確認が取れて、申し込み情報に齟齬がなく、「この人にならお金を貸してもいい」と判断された場合、めでたくプロミスでの審査に可決したこととなり、お金を借りることが出来るようになります。

在籍確認後に落ちる=人的判断で落ちている可能性大!

在籍確認後に審査に落ちてしまうということは、機械的な判断ではなく、人的な判断で審査に落ちてしまった可能性が高い!といえるでしょう。

とはいえ「この人は気に食わないから落とそう」というわけではありません。

機械的な審査ではOKでも、その後の細かい審査でダメになってしまった…というニュアンスで考えていただければいいかと思います。

落ちた理由1:在籍確認が取れなかった

在籍確認後に落ちてしまう理由として一番多いと言って過言ではないのが「在籍確認が取れない」ことです。

プロミスは「信用貸し」ですから、担保や保証人が必要ない分、本人が信用できる人物に値するかどうかをしっかり判断してきます。

その中でかなり重要といえるのが「在籍確認」なので、ここで躓いてしまうと審査に否決する可能性が高くなる、と言えるでしょう。

どんなパターンの在籍確認ならOKなの?

在籍確認とはいっても、本人が必ず電話に出なければならない…ということはありません。

どのようなパターンであれば、在籍確認出来たとみなされるのかをまとめてみました。

  • 本人が電話に出る
  • 本人以外が電話に出て「外出中」「席を外している」など返答する
  • 本人以外が電話に出て「本日は休みです」と返答する(次の出勤日も答えられる)

といった感じでしょうか。

本人以外が電話に出ても、本人がその会社に勤務していることがわかるような内容の返答であれば問題ないというわけです。

在籍確認が「取れなかった」とみなされるケースとは?

それでは、問題となる在籍確認が「取れなかった」とみなされるケースはどのようなものなのか、こちらもまとめてみました。

  • 誰も電話に出なかった
  • 本人以外が出て「そんな人はいません」と返答した
  • 本人以外が出て「もう退職しました」と返答した
  • 本人以外が出て「個人情報なので回答できません」と返答した

他にもあるかもしれませんが、主に上記のようなケースが多く考えられます。

誰も電話に出ないというのは、会社が休業日によくあるケースですね。ただ、この場合は事前にプロミスの担当者に伝えておくなど対処しておくことで、別の日(営業日)に在籍確認をしてもらうことで回避出来るでしょう。

問題となるのが、本人以外が電話に出て「所属していない」といった旨の返答をしたケースです。

この場合は審査においてかなり厳しくなりますので注意が必要です。

最近入った事務の方があなたの名前を覚えておらず「いません」「わかりません」と返答してしまうなんてこともないとは言えませんので、電話を取ることが多い方に事前に「自分宛に電話がくるかも」と伝えておいたほうがいいでしょう。

これは、個人情報なので回答出来ないというケースでも同様ですね。

ただ、会社自体が在籍確認の電話を一切受け付けない場合は、別の方法で在籍確認を行う必要があります。

具体的には、在籍確認の代わりとして社員証などの書類を提出するという方法ですが、こちらは事前にプロミスの担当者に相談しておく必要があります。

落ちた理由2:記載していた情報に虚偽があった

在籍確認後に落ちてしまう理由の2つ目は、申し込み時の情報と本当の情報に乖離があったり、ウソの情報を申し込み時に記載していた場合です。

仮審査の時はただ申し込みの際の情報を機械的に判断するだけですが、本審査になると情報の精査を行うことになります。

そこで「申し込んだ時の情報と、調べた時の情報が違うぞ!?」となった場合に「審査に可決するためにウソを書いたのでは?」と判断されて、審査に落ちてしまう…というわけですね。

勤務先の虚偽は確実に審査に落ちる

ウソを書く項目で多いのが、実は「勤務先」です。

本当は退職していてもう勤めていないのに勤めているフリをして前の勤務先を記入する…というケースは少なくないのだそうです。

とはいえ、在籍確認で退職したことはバレてしまいますから、意味のないことではあるのですが…。

勤務先が記入出来ないということは、現在収入がない可能性が高いと言えます。プロミスの利用条件は「安定した収入があること」ですから、それに合致しない状態ですと審査に否決する可能性はほぼ100%と言ってもいいでしょう。

また、中には「アリバイ会社」を使ってニセの勤務先を作り、在籍確認を乗り切るというケースもあるようです。

アリバイ会社が在籍確認にも対応してくれるので、問題なく通過出来てしまう…というわけですね。

当然、これも虚偽となりますので絶対にやってはいけません。プロミスなどのカードローン会社はこのようなアリバイ会社によるニセの勤務先についてはきっちりと調べており、当然バレたら一発アウトです。詐欺罪として告発される可能性もありますので、控えましょう。

年収の虚偽申告も当然審査落ちの原因に

勤務先だけでなく、年収の虚偽申告も当然審査落ちの原因となります。

「少しでも多くお金を借りたいから」と、年収をちょっと盛ってしまう…という心情はわかるのですが、年収については厳しいチェックがあります。

なぜ厳しいチェックがあるのかといいますと「総量規制」があるからですね。

総量規制とは、申し込んだ人の年収の3分の1を超える額を貸してはならない、とプロミスなどのお金を貸す側に対して定められた法律です。

例えば年収が300万円でしたら、最高でも100万円までしかお金を借りることが出来ないというわけです。

が、ここで「年収は500万円」とウソを書いた場合、約160万円まで借りることが出来ますよね。そのため、年収を盛って書いてしまう人がいるのでしょう。

しかし!当然ですが年収はチェックする方法があります。

まずは「信用情報」です。これはカードローン会社、信販会社、銀行や信用金庫といった金融機関が共有している情報のことで、お金の借り入れ状況や返済状況など多岐に渡る「お金に関する情報」のことです。

カードローンの審査では必ず信用情報をチェックしますから、その情報と申し込みの情報に大きな違いがないかをチェックするわけですね。

そこでもし、勤務先も変わっておらず、更新された情報もつい最近なのに年収だけ一気に100万円以上高くなっている…となると、「これはウソの年収を書いているのでは?」とバレてしまいます。

そうでなくても、怪しい場合は収入証明書類といって、年収を証明できる書類の提出を求めますので、そこでウソがバレてしまう可能性も十分にありますね。

在籍確認後に否決にならないようにするには?気をつけるポイント

在籍確認の電話まで来たのに、その後審査に否決してしまうのは悲しいことです。

そうならないようにするため、気をつけておきたいポイントを最後にまとめました。

申し込み時は不備がないようにする

今回詳しくご紹介はしていませんが、申し込み時の書類不備で在籍確認後に否決してしまうケースもあります。

否決までは至らなくとも、審査が完了するまでに時間が多くかかってしまうなどデメリットが多いので、申し込む前にはきっちりと見直しをしましょう。

もちろん、虚偽の内容を入力してはいけません!

在籍確認がスムーズに出来るように根回しを

在籍確認がうまく取れなかったことで否決してしまう…というのも勿体無いことです。

「この日は営業で外に出ているけど、この日は内勤だな」という日があれば、内勤の日に在籍確認の電話をお願いするようにすれば、自分で電話に出られる確率がアップするため、在籍確認のトラブルによって否決になってしまう可能性をぐっと下げることが出来ます。

なかなか自分が電話に出られないのであれば、周りに「自分あての電話があるかもしれないから、いないって伝えておいて」と事前に根回ししておくとスムーズです。

利用していないキャッシング枠やカードローンは解約を

先程「総量規制」という仕組みについて軽く触れましたが、年収の3分の1が上限というのは「1つの契約」についてではなく、「すべての契約の合計額」です。

たとえば年収300万円の方であれば上限が100万円なわけですが、A社と限度額30万円で契約・実際借りているのは5万円、B社と限度額50万円で契約・実際借りているのは15万円…という場合、次にお金を借りたいと思っても、借りられるのは最高で20万円です。

実際に借りているお金は20万円ですが、総量規制は契約している限度額で計算されるためです。

なので契約したままでずっと使っていないカードローンや、知らないうちにキャッシング枠が設定されていたクレジットカードがある場合、既に総量規制近くになってしまい、プロミスに申し込んでも借りられない…というケースがあります。

いらないものは解約するなどして、総量規制に引っかからないようにしておくことも大切です。

在籍確認後に否決する可能性はある!不備やウソには注意

在籍確認までいってしまえば、審査は可決したも同然…と思っている方は本当に多いと思います。

しかし、実際はそうではない!ということもこの記事を読んでおわかりいただけたのではないでしょうか?

もちろん、間違った情報を一切書かず、書類不備もなければ在籍確認まで行けば、大抵の場合問題なくそのまま審査に可決するでしょう。

在籍確認がなかなか取れなかったり、ウソをついてしまったり…といった場合は、いくら仮審査で問題がなくても、スパッと審査で落とされてしまいます。

ウソをつくのは問題外ではありますが、他の落ちてしまう理由については自身の見直しや根回しなどで原因を回避することが出来ます。

特にお金が急に必要になった時など、焦ってしまうこともあるかもしれませんが、落ち着いて不備のないようにするほうが最終的にスムーズにお金を借りることも可能ですので、急がば回れ!の精神で、落ち着いて申し込みをするようにしましょう!

閉じる
閉じる