プロミス審査にアナタは通る?申し込みシミュレーション

カードローン初心者必見!プロミスの利用方法をイチから教えます!

急にお金が必要になったり、お金が足りなくて、でもどうにもならない…という時に便利なカードローン。

プロミスをはじめ、多くのカードローンがありますが、一度もカードローンを利用したことがない方は「どうやって使えばいいの?」と疑問に思うこともあるかもしれません。

折角申し込んでもうまく使えなければ宝の持ち腐れ…とまでは言いませんが、もったいないのは確かです。

そこで、この記事では「プロミス」を例に、カードローンそのものの利用方法について説明していきます。

他のローンとどう違う?カードローンの特徴は?

まずは、プロミスをはじめとした「カードローン」そのものの特徴について解説していきます。

カードローンという名前からして、大体は「ローンカード」が発行されるのが基本ですが、中にはカードレスで利用できる商品もあります。

プロミスもカードを発行することは可能ですが、契約方法や申し込み方法によってカードレスで利用することも可能となっています。

利用限度額の範囲内なら何度でも借りられる

カードローンの一番の特徴は「何度でも借りられる」ことでしょう。

契約時に提示される「利用限度額」の範囲内であれば、好きに借入及び返済をすることが出来ます。

例えば利用限度額が30万円の場合、20万円借りている状態ですとあと10万円借りることが出来ますが、5万円返済すると15万円まで借りることが出来るようになる、といった具合です。

銀行などで利用できる「フリーローン」は、審査によって提示された金額を最初にまとめて借り、あとは返済するだけ(追加融資が基本的に不可)なので、使い方は大きく違いますね。

利用できるハードルが他のローンよりも低め

また、フリーローンに比べると、利用できるハードルが低めに設定されています。

具体的には利用条件ですね。

どちらも一定の収入があれば…という感じではありますが、カードローンの方が「年齢と安定した収入があればOK」という、言い方は悪いですがちょっと大雑把な内容となっています。

その分フリーローンよりも適用される金利が高いという違いもあります。

ATM、振込など様々な方法でお金を借りられる

カードローンは、商品や会社にもよるものの、様々な方法でお金を借りることが出来ます。

基本となるのはカードを利用した「ATM」からの借入。その会社のATMはもちろん、コンビニや他金融機関などと提携しており、どこでも借りることが出来る、といっても過言ではありません。

ただし海外のATMでは利用することが出来ませんので、注意しましょう。

他に、銀行振込でもお金を借りることが出来ます。ATMでの借入は現金を直接引き出す形式ですが、振込の場合は口座に直接入金してもらうタイプの借入になります。

引き落とし日の前なのに口座にお金がないという場合は、こちらの振込融資を受けるようにするといいでしょう。

また、プロミスにはありませんが、一部の銀行カードローンであれば「口座貸越」という借り方もあります。

これは普通預金口座と紐付け、その口座の残高が引き出しあるいは引き落としでマイナスになった場合に、不足分を自動的に融資してくれるタイプのカードローンです。

申し込みから契約まで、気をつけておくべきポイントは?

カードローンがどのようなものか、他のローンとどういった違いがあるのかはおわかりいただけたかと思います。

続いては、プロミスを例にして、申し込みから契約までの流れをご紹介します。

また、その中で気をつけておくべきポイントも合わせてご紹介。カードローンに興味を持ったけど、どのような感じでやればいいのかわからない方必見です!

利用条件はきちんとチェック。心配ならシミュレーションを

早速申し込み…の前に、利用条件はきちんとチェックしておきましょう。

利用条件(貸付条件)を満たしていない方は当然審査に可決しませんので、自分が満たしているかどうかを確認することは必須と言えます。

プロミスの利用条件は以下の通り。

  • 年齢が20歳~69歳
  • 本人に安定した収入がある

非常にシンプルな内容になっていますが、一言にまとめると「年齢を満たしていて自分に収入があればOK!」ということ。

アルバイトやパートでも問題ありませんが、専業主婦のような自身の収入が0円の方は残念ですが利用条件を満たしませんので、申し込んでも審査に落ちてしまうでしょう。

心配であればプロミスのホームページには「お借入シミュレーション」がありますので、こちらを利用してみてはいかがでしょう。

入力する項目は「年収」「生年月日」「他社からの借入」の3項目だけなので、このシミュレーションで借りられると結果が出ても、実際の審査では否決してしまうこともあるのですが、逆にこの時点で否決した場合、実際の審査でも否決されるといっても過言ではありません。

自分は申し込んでも大丈夫そうなのかを確認するのに使えますので、一度試してみることをおすすめします。

申し込み方法は多数。ラクなのは「Web」か「アプリ」

それでは申し込みに移りましょう。

プロミスでは、以下のようにかなり多くの申込み方法を提供しています。

  • Web(インターネット)
  • プロミスコール(電話)
  • 郵送
  • プロミス店頭
  • 自動契約機
  • スマートフォンアプリ

その中でもラク、かつスムーズに申し込みをするのであれば「Web」あるいは「スマートフォンアプリ」がオススメです。

この2つは申し込みのために店頭に行く必要がなく、かつ24時間いつでも好きな時間に申し込みが可能だからです。

注意しておきたいのは、24時間申し込むことが出来るからといって、24時間すぐに審査結果が出るわけではないことです。土日や祝日でも審査は行われますが、9時~21時の間だけです。時間外の申し込みは翌営業日(あるいは当日営業開始後)となります。

来店不要で申し込みが可能という点ではプロミスコールや郵送もそうですが、プロミスコールでの申し込みの場合、来店契約あるいは郵送による契約を選ぶこととなり、郵送契約になると使えるようになるまで時間がかかってしまいます。

郵送契約も同様、使えるようになるまで1週間程度を見ておかないといけなくなるため、「申し込んだのならできるだけ早く使いたい」と感じるのであれば「Web」あるいは「アプリ」からの申し込みにしましょう。

契約方法は申込み方法によって違いが。「来店」か「Web」

申し込み、審査に可決すれば次は「契約」に移ります。

契約方法は申込み方法によって選べる方法に違いがあります。

申込み方法 契約方法
インターネット ・Web(カードレス)
・Web(カード郵送)
・来店
電話 ・郵送
・来店
郵送 郵送
プロミス店頭 来店
自動契約機 来店
スマートフォンアプリ Web(カードレス)

上記の表を見ていただけるとわかります通り、申し込み方法によって選べない選択肢も多くなっています。

できるだけ選択肢が多いものを…と考えると、やはり「Web」あるいは「アプリ」の申し込みがオススメというわけです。アプリはWeb契約しか出来ませんが、手軽さの面でかなり優位だと言えます。

インターネットでの申し込みを例にしますと、

  • Web契約(カードレス)
  • Web契約(カード郵送)
  • 来店契約

の3種類から選べます。

返済方法を「口座振替」にし、「カード不要」を選択した場合は「Web完結」となり、振込での借入、あるいはアプリを利用した借入が出来るようになります。

また、カードがやっぱりほしい!と思ったら、あとから郵送してもらえます。

最初からカードがほしい場合、返済方法を口座振替にしたくない場合は「カード郵送」となり、カードが手元に届くまでカードローンそのものを利用することが出来ません。

最後の来店契約は、プロミスの店頭あるいは自動契約機に行き、カードを発行してもらう方法です。

プロミスの店頭はあまり数がないので自動契約機に行くこととなります。この方法の特徴はその場でカードを発行してもらえるため、すぐに提携ATMからでもお金を借りることが出来ることでしょう。

また、自動契約機は営業時間が9時~22時までと遅くまでやっているので、「カードができるだけ早くほしいけど仕事終わりにしか行けない」という方でも手に入れやすくなっています。

どの方法がいいかはご自身がどのようにカードローンを利用したいかによって変わりますので一概には言えませんが、「来店はしたくない!」という方はWeb完結がオススメですね。

スマートフォンアプリを使えば、カードがなくてもセブン銀行ATMから現金をキャッシングすることが出来ますので、利便性がぐっと向上します。

実際の利用において、知っておくべきことはある?

プロミスのカードローンを利用するにあたって、知っておいた方がいい「豆知識」がいくつかあります。

知らなくても困るわけではありませんが、知っておくことでよりスムーズにカードローンを利用することが出来るでしょう。

提携ATMを利用する場合、手数料がかかる

プロミスのローンカードを利用して提携ATMからお金を引き出す場合、一定の手数料がかかります。

1万円までなら108円、1万円を超える場合216円です。

ただし、プロミスの直営ATMあるいは三井住友銀行のATMであれば利用手数料がかかりません。

手数料もバカになりませんので、できるだけ手数料がかからない方法を使いたいですね。

また、プロミスのアプリをダウンロードしていれば、セブン銀行のATMからカードレスで、かつ利用手数料無料で現金をキャッシングすることが出来ますので、こちらも活用してみてはいかがでしょうか。

振込で借りる場合、特定銀行以外は時間に制限がある

プロミスでは振込による融資も可能ですが、以下のように振込時間によってはすぐに融資をしてもらえないことがあります。

時間帯 月曜~金曜 土日・祝日
0時~9時 当日9時30分ごろ 翌営業日9時30分ごろ
9時~14時50分 受付完了から10秒程度 翌営業日9時30分ごろ
14時50分~24時 翌営業日9時30分ごろ 翌営業日9時30分ごろ

しかし三井住友銀行あるいはジャパンネット銀行宛の振込融資であれば、上記の9時~14時50分までの時間帯以外でも10秒程度で振込融資をしてもらえます。

対応する口座を持っているなら、ぜひ振込先にしたいですね。

返済日は返済方法によって違いあり。忘れないようにしよう

お金を借りるのであれば、毎月返済も行わなければなりません。

返済方法によって多少変わってきますが、返済期日は以下の表の通りです。

返済方法 返済期日
口座振替(三井住友銀行・ジャパンネット銀行) 5日・15日・25日・末日
口座振替(その他の金融機関) 5日
その他の方法(ATM・振込など) 5日・15日・25日・末日

返済期日が複数あるものは、自分で好きな期日を選ぶことが出来ます。

口座振替であれば口座に残高があるうちは自動的に返済してくれますが、その他の方法ですと返済期日までに「自分で」返済しなければなりません。

プロミスでは返済忘れを防止するための「返済日お知らせメール」サービスもありますので、活用してもいいでしょう。

利用明細は「Web明細」にしてバレる可能性を減らそう

契約時に利用明細を「自宅に送付する」と設定していた場合、提携ATMを利用した際に明細書が封書で自宅に届きます。

プロミスの会員サービスより明細を「Web明細」にすることが出来ますので、不要な郵送物は送らないように設定しましょう。

とはいえ、プロミスの「30日間無利息サービス」を利用するための条件として「Web明細を選択する」がありますので、わざわざ無利息サービスを放棄してまで自宅へ利用明細を送付する選択にしている方は少ないかと思います。

プロミスの利用は難しくない。今ならアプリの導入もオススメ

プロミスの利用方法について説明してきましたが、いかがでしたでしょうか。

特別「ここがややこしい」「ここが難しい」という部分はなかったのではないでしょうか?

実際、システムとして難しい部分はありません。慣れないからわからない、難しいと感じられるのだと思います。

利用していて、あるいは利用する前に「ここはどうなんだろう」と思ったら、プロミスコールに問い合わせてみてもいいでしょう。プロミスのスタッフは親切と評判ですし、丁寧に教えてくれるはずです。

また、今ならスマートフォンアプリを導入するのもオススメです。アプリ上で残高や返済額といった管理も可能ですし、コンビニでの借入も可能。さらに、クーポンといったオトク情報まで手に入れることができちゃいます。

無利息期間サービスなど嬉しいサービスも多いプロミス、利用を迷っているならぜひこの記事を参考に申し込んでみてはいかがでしょうか。

閉じる
閉じる