プロミス審査にアナタは通る?申し込みシミュレーション

プロミスは無人契約機でも増額可能!知っておくべきポイントとは?

プロミスで利用限度額の増額を申し込む際は、インターネットか電話からとホームページに記載されています。

しかし、実は無人契約機(自動契約機)からの申し込みも可能なんです!

…とはいえ、正直あまりメジャーじゃないとも言えるこの方法。「知らなかった!」という方もいるのではないでしょうか?

今回の記事では、無人契約機で増額の申し込みをした際の注意点をはじめ、プロミスで増額をする際の条件や目安なども合わせて解説していきます!

無人契約機(自動契約機)でも増額の申し込みは可能!ただし注意点も

プロミスでは、明記されてはいないものの、無人契約機(自動契約機)にて増額の申し込みをすることが可能です。

それ以外にも各種手続き(個人情報の変更、契約内容の変更・確認など)を行うことが出来、意外と…といっては失礼かもしれませんが、豊富な機能を持っていたりします。

しかし、無人契約機を利用して増額する場合は、少々注意しなければならない点もあります。

必要書類がないと申請が出来ないことがある

増額の申請をする際、場合によっては書類の提出が必要になります。

本人確認書類は基本的に不要ですが、「収入証明書類」が必要になるケースがあります。

どのような方が該当するかといいますと、

  • プロミスの利用限度額が50万円を超える場合
  • 他の消費者金融のカードローンとプロミスの利用限度額を合計して100万円を超える場合

のどちらかに当てはまる方です。

収入証明書類とは、端的に言えば「年収がわかる書類」のことだと思っておけばOKです。

プロミスで収入証明書類として提出出来る書類は

  • 源泉徴収票
  • 確定申告書
  • 給与明細書(賞与もある場合は賞与明細書も)

のいずれか1点となります。

もしあなたの利用限度額が今10万円で、20万円に上げたい!ということであれば、プロミス以外のカードローンからお金を借りていることがなければ収入証明書類は基本不要です。

ただし、あなたの利用限度額が今40万円で、60万円に上げたい!ということであれば、収入証明書類を提出しなければならない条件を満たすため、無人契約機にいずれかの収入証明書類を持っていく必要があるというわけです。

審査が完了するまで待たなければならない可能性がある

インターネットや電話での申し込みであれば、結果は電話で通知されますので、それを待てばいいだけです。

ただし、無人契約機での場合、増額の審査が終わるまでその場で待っていないといけないケースもあります。

とはいえ増額の審査は時間がかかることもあるため、申し込みのみで終わることも十分に考えられますが、すべてその場で終わらせたい!という方からすれば注意すべきポイントではあるでしょう。

土日の審査自体は受け付けていない

無人契約機の営業時間は、平日・土日祝日にかかわらず基本的に「9時~22時」です(地方によってなど、営業時間が多少違う場合もあります)。

なのでいつでも増額の申請自体は可能なのですが、新規申し込みの場合は土日でも対応しているものの、土日は増額の審査自体は行っていません。

平日の9時~18時しか増額審査は行っていないため、土日に申請してその日のうちにお金を追加で借りる!というのは難しくなっています。

プロミスで増額が可能になると言われている条件・目安とは?

無人契約機で増額の申請が可能なことはおわかりいただけたかと思います。が、当然ながら「絶対に増額出来る」というわけではありません。

明確にはされていないものの、「プロミスで増額が可能になる基準」というものは必ずあり、その基準を上回っていないといくら増額の申請をしたところで、審査に通る可能性はかなり低くなってしまいます。

それでは、「だいたいこの基準を上回っていたら増額の審査で門前払いにされることはないだろう」という目安はどんなものなのでしょうか?

  • 利用期間
  • 延滞の有無
  • 総量規制

がポイントとなってきます。ひとつひとつ解説していきましょう。

プロミスの利用期間が最低でも半年、1年以上はほしい

増額で必要になる重要なポイント、それが利用期間です。

できれば1年以上はほしいところですが、半年でもなんとかなる場合もあります。

なぜ利用期間が必要なのかといいますと、「どのようにお金を借りているのか」を見るためです。

利用しはじめて1ヶ月や2ヶ月ですと、きちんと返済出来る人なのかどうかを判断し辛いですよね。最初の方はきちんと返済できていても、だんだんできなくなっていく…というのもよくある話です。

プロミスは「信用貸し」ですから、増額するに値するか、それだけの信用があるかを見極める必要があります。それが半年~1年、というわけですね。

ちなみに、「契約はしたけれど借入を全くしていない状態で1年が経過した」というのは意味がありません。

そもそも利用をしていない、ということですから、そんな人が増額の申請をしたとしてもプロミスからすれば「全然お金を借りていないのになんで増額?」となりますよね。

あくまで「お金を借りてから=利用期間」と考えておきましょう。

延滞をしたことが一度もないかどうか

ついうっかり返済日を忘れてしまった!なんて経験をしたことがある方もいるかもしれませんが、増額をする上では延滞の有無はとても重要です。

なぜなら、すでに延滞の経験がある場合「この利用限度額でも延滞するのだから、限度額を増やしたらさらに延滞する可能性が高くなる」と判断されるからです。

当然、延滞の経験があると増額出来る可能性はぐぐっと減ってしまいます。

今後増額を考えているという方は、絶対に延滞だけはしないように気をつけましょう。

利用限度額の総計が総量規制を超えていないかどうか

プロミスなどの消費者金融のカードローンは「総量規制」の対象となっています。

総量規制とは、お金を借りすぎを防ぐために作られた仕組みで、「年収の3分の1を超える金額を(プロミスなどの会社は)貸してはならない」と決められたものです。

例えば、年収が300万円の人はいくらがんばっても100万円を超えてお金を借りることは出来ない、ということです。

この総量規制は

  • 消費者金融のカードローン
  • クレジットカードのキャッシング枠

が主に対象となっています。

ですので、例えば年収300万円の人が、すでにプロミスから50万円を借りており、さらにアイフルから40万円を借りている場合、プロミスにて増額出来るのは最高でも10万円となります。

もしすでに総量規制ギリギリで借りている場合は、いくら増額したくてもシステム上出来ないんですね。

なので、条件的に言うと「総量規制の金額に余裕がある場合(増額出来る可能性がある)」ということが出来ます。

他の方法と比べて、無人契約機での増額申請は面倒?

プロミスで増額申請を行う場合、無人契約機以外にも「インターネット」または「電話」にて審査の申請が可能です。

この記事に目を通していただいているということは「無人契約機で申請しようかな」と考えているのかと思いますが、個人的にはそれ以外の2つの方法で申し込む方がいいのでは、と思います。

その理由をご紹介しましょう。

自宅でいつでも申し込むことが出来るからラク

無人契約機で申し込む場合、当然ですがそこまで行かなければなりません。

しかしインターネットや電話であれば、空き時間に簡単な手続きをするだけですぐに申請自体は行なえます。

また、審査結果をその場で待つ必要もなく、他のことをしながら連絡を待つことが出来ますので、時間の使い方としてもこちらの方がお得なのでは?…と考えられるからです。

心配でなにかを相談したい場合も電話なら可能

「増額の申請は初めてだから、スタッフに相談したい。だから無人契約機に行こうかと思っている」という方もいるでしょう。

その気持ちは非常によくわかります。…が!相談したいのであれば電話での手続きでも可能です。

電話で問い合わせもしつつ、疑問が解消されたらそのまま増額申請という流れも出来ますので、不安なことがあるのであれば、電話がラクかと思います。

ただし、受付時間が平日の9時~18時ですので、時間の都合が合わない方からすると難しい方法でもありますね。

無人契約機で申請するなら、念の為書類を!結果は気長に待とう

プロミスの無人契約機で増額の申請を行うこと自体は可能ですが、いちいちその場に行かなければならない、場合によっては待ち時間があるなどのデメリットもあります。

気軽に申請するのであればインターネット、相談しながら申請したいのであれば電話という使い分けも有効ですので、特別な理由がない限りは無人契約機で申し込む選択をしなくてもいいのではないか、とは思います。

また、増額には審査があり、必ず増額出来るというわけではありません。当然ながら、増額の審査に否決される可能性もあります。

少なくとも利用期間・延滞の有無・総量規制といった基本的な部分はクリアした状態で申請しないと、利用限度額の増額は望めないと言っても過言ではないでしょう。

基準と思われる部分を満たした上で増額チャレンジを行いましょう!

閉じる
閉じる