プロミス審査にアナタは通る?申し込みシミュレーション

プロミスのWeb契約を上手に使って即日融資を成功させよう

プロミスに申し込む方法は色々ありますが、その中ではやはり「インターネット(Web)」から申し込むのがオススメです。

さらに、申し込みだけでなく契約方法も色々と選べるのですが、インターネットで申し込んだのであれば、そのまま進める「Web契約」がオススメ。

…とはいえ、「インターネットで申し込んでそのまま契約って大丈夫なの?」「どのような流れなのかよくわからない」「他の方法との違いはあるの?」といった疑問が浮かぶ方も多いと思います。

そこで今回は、豊富なプロミスの申し込み・契約方法の中のひとつである「Web契約」をピックアップして詳しく解説していきたいと思います。

プロミスのWeb契約、その特徴は?

最初はWeb契約の特徴についてご紹介しましょう。

それは大きく3つあり、

  • Web完結が選択出来る
  • すべてを来店等なしで完了可能
  • 基本の連絡はメールのみで可能

と、なかなかに魅力的な特徴を持っています。

さらにそれぞれの項目について、詳しく説明していきますね。

Web完結が選択できる

申し込み・契約だけでなく、その後の借入・返済といった手続きをすべてインターネット・Web上で行うことが出来るのはWeb契約のみです。

他の申し込み方法、例えば電話や来店では選択出来ない方法で、インターネット申し込みかつWeb契約でしか選択できない方法です。

すべてWeb上で完結…となると不便では?と思う方もいるかもしれませんが、プロミスの場合、利用金融機関が「三井住友銀行」あるいは「ジャパンネット銀行」であれば、銀行の営業時間外でも振込による融資を受けることが出来ますので、不便さは感じづらいと思います。

また、Web完結でも後からカードを発行することも可能なので、やっぱりカードが欲しいなと思った時でも対応が出来ます。

すべてを来店等なしで完了可能

地方の金融機関のカードローンの場合、申し込みはインターネット上で行えても、契約の手続きは店頭でないと行えない…というケースがあります。

しかしプロミスではそんなことはなく、契約完了まで店頭などに行く必要なし。すべてをインターネット上で終えることが出来ます。

基本の連絡はメールのみで可能

カードローンを申し込みたいけど、電話連絡が多いと嫌だ、と考えている方もいるでしょう。

その点プロミスは安心。連絡方法を電話とメール、好きな方から選択することが出来ます。

緊急時の場合など電話がかかってくることもありますので、絶対に電話はナシ!というわけではありませんが、極力電話をかけてほしくない、という方であれば安心して利用できます。

時間はどれくらいかかる?必要なものは?Web契約の流れ

Web契約の特徴はわかっていただけたかと思いますので、続いてはWeb契約の流れについて説明していきます。

基本的につまづくような部分はないのですが、最後に選択する部分があり、そこからちょっと手続きが変わってきますので、順を追って申し込みから契約完了までを詳しく解説しながらご紹介します。

ステップ1:申し込みはインターネットで

申し込みはインターネットで行います。

パソコンでもスマートフォンでもタブレットでもガラケーでもOK!

その際、「かんたん入力」と「フル入力」のどちらか好きな方で申し込むことになるのですが、この違いについて簡単に説明します。

かんたん入力は、一部の項目のみを入力するだけでOKな申し込み方法です。具体的には

  • 申込者の情報(氏名・生年月日・住所・電話番号)
  • 勤務先の情報(電話番号・雇用形態・年収)
  • 契約方法の選択
  • メールアドレス、パスワード(プロミスとの契約用パスワード)
  • 書面の受取方法

こちらの5項目を入力するだけでOKです。ただし、これだけで申し込みが問題ない…というわけではなく、詳しい情報は電話による聞き取りがあります。

ですので、わざわざ電話で話すのは面倒な方や、少しでも手続きをサクサクと進めたいという方は、必要事項をすべて入力する「フル入力」形式を選びましょう。

フル入力の場合、基本的に電話での確認・聞き取りはありません(書類不備や質問などで電話がくる場合はあります)。

「かんたん入力」は、フル入力の一部の内容を口頭で伝える手段、と思っていただければいいかと思います。話す方がラクという方はこちらがいいですね。

注意しなければならないのは「契約方法の選択」。Webと来店がありますが、今回はWeb契約の話なので「Web契約」を選択したことにします。

また、この際に書類を提出する必要があります。

申込時に記入したメールアドレスあてに、必要書類を提出(アップロード)するための手続方法が記載されたメールが届きますので、そちらの指示に従って提出しましょう。スマートフォンを持っている方であれば、スマホアプリからの提出も可能です。

必要書類は「本人確認書類」と「収入証明書類」の2種類。

後者の収入証明書類はプロミスで50万円超の額を借りたいと希望している場合、あるいは既に他社からお金を借りている場合、プロミスでの希望額と合計して100万円を超える場合に必要です。

ただ、審査の具合によっては50万円以下の希望額でも提出してください、と言われることもありますので念のために用意しておいてもいいでしょう。

それぞれの書類に該当するのはどれ?と思う方もいると思いますので、こちらの表にまとめました。

本人確認書類 ・運転免許証
・パスポート
・健康保険証

※上記書類に記載された住所と現住所が違う場合
自宅住所が記載されている以下の書類一点が必要
(発行日から6ヶ月以内のものに限る)
・税金の領収書または納税証明書
・社会保険料の領収書
・公共料金の領収書(電力・水道・ガス・NHK)
・住民票の写し

収入証明書類 ・源泉徴収票
・確定申告書
・給与明細書(2ヶ月分)
※賞与アリの会社は1年分の賞与明細書

それぞれの項目において、いずれか一点で問題ありません。本人確認書類としては運転免許証がベストですが、ない場合はパスポートか健康保険証でOKです。

ステップ2:審査

必要な項目を入力し、必要書類を提出したら審査がはじまります。

ここでは特別申し込んだ方が何かするという必要はありません。

審査は最短30分で完了しますが、あくまで最短。1時間くらいかかることもあります。

プロミスから連絡が来るのは「9時から21時」の間(さらに、希望時間帯を指定しているばあいはその時間帯)。

なので、23時に申し込んだ場合、翌営業日の9時から21時の間に連絡がくると思ってください。

審査の結果、利用限度額が決定したら電話あるいはメールで連絡がきます。

ステップ3:契約。カードの有無で最後が変わる

契約内容に納得出来たら、プロミスと契約を行います。

申し込みの時点で「Web契約」を選択していますので、返済方法の選択に進みます。

Web契約の場合は

  • ATMによる返済
  • 口座振替による返済

の2つからどちらかを選ぶことが出来ます。

この選択が大きなポイントとなりますので、詳しく解説しますね。

まず「ATMによる返済」を選んだ場合。この場合、ATMを利用するということでカードが必要になります。

じゃあそのカードをどうやって手に入れるのか?…というと「郵送」となりますので、カード及び契約書類が郵送され、その後に手続き完了となりカードローンが利用出来るようになります。

つまり、ATMによる返済を選ぶと実際に利用できるようになるまでちょっと時間がかかる、ということです。

対して「口座振替による返済」を選んだ場合。

こちらはさらに選択肢があり、「カードがいるか・いらないか」を選択することになります。

カードを希望する場合、ATMによる返済と同様にカードが届くまで手続きが完了しません。

もう一つの選択肢である「カード不要」とした場合は「Web完結」となり、そこで契約手続きは完了。すぐに振込キャッシングでお金を借りることが可能になります。

Web契約についてざっくりまとめますと、「カードが要る」選択肢を行った場合、郵送でカードが来るまでは手続きが完了しません。

対してカード不要であれば「Web完結」により、すぐに手続きが完了してお金を借りられるようになります。

…というわけで、急いでお金を借りたいというのであれば、郵送物ナシの「Web完結」がオススメ、ということです。

しかもプロミスのWeb完結は、後からカードが欲しいとおもったら発行することも出来る親切仕様なので、「本当はカードが欲しいけど、時間が惜しいから最初はWeb完結で」というやり方も可能です。

こんな方におすすめ!Web契約のメリット・デメリット

Web契約の流れや返済方法・カードの有無による違いはおわかりいただけたかと思います。

最後のこのトピックでは、そんなWeb契約のメリット及びデメリットなどをご紹介。

こんなところに注意しよう、という部分や、こんな使い方をしたいならオススメ!というポイントとなる部分をしっかり解説していきます。

一歩も家から出ずに手続きが完了出来る!即日融資も可

Web契約のメリットはやはりこれ!わざわざ店舗などに行くことなく手続きを完了させられることでしょう。

しかもWeb完結を選べばすぐにお金を借りることも可能です。

さらにそこで取引する金融機関を「三井住友銀行」か「ジャパンネット銀行」にすれば、ほぼいつでも取引することが出来ますのでかなり利便性も高くなります。

後からカードを発行出来る点も嬉しいですよね。

実は、Web契約以外にもすべて家の中で済ますことが出来る申し込み方法はあります。それは「電話」と「郵送」。

しかし郵送はもちろんのこと、電話での申し込みも(来店契約をしないのであれば)郵送での手続きとなってしまい、実際に利用できるまで結構な時間がかかってしまいます。

家の中にいて、かつ即日融資が可能なのはWeb契約のみなんですね。

カードがすぐ欲しい方にとっては不向き

ただ、Web契約はカードがすぐ手元に欲しい、という方には不向きです。

Web契約でカードを手に入れようと思ったら郵送という手段しかないためです。

すぐにカードが欲しい場合は、インターネットや電話で申し込みをして、プロミスの自動契約機あるいは店舗で発行してもらう形が一番早いでしょう。

カードを利用して即日融資を受けたい、という方にとってはWeb契約はデメリットの方が大きい方法となりますね。

在籍確認の電話はあるので注意

Web契約は連絡方法をメールか電話で選ぶことができ、メールを選択した場合は基本的に問題などがなければメールのみの連絡となります。

が、当然それとは別に在籍確認の電話はあります。「電話ナシにしたから、在籍確認もナシ!」というわけではありませんので注意してください。

もし在籍確認をどうにかしたい!という場合はプロミスコールに連絡をして相談するなどの行動が必要になります。

Web契約は手軽で便利!即日融資希望の人にもおすすめ

Web契約は来店する必要もなく、全てWeb上で手続きを行うことが出来るので、非常に手軽で便利といえる申し込み・契約方法です。

さらに選択した金融機関によっては夕方以降や土日・祝日もお金を借りることが出来ますので、利便性も高いと言えますね。

その日中にカードを手に入れたい、という方にとってはWeb契約は不向きな方法ではありますが、そうでない方であればメリットが大きい方法といえるでしょう。

パソコンが苦手という方でも「かんたん入力」を利用すれば、あとは電話での申し込みと同じように出来ますので初めての方でも安心です。

プロミスでは様々な申し込み・契約方法がありますが、その中でも「Web契約」は初めての方・ベテランの方問わずオススメできる方法だと思います。

閉じる
閉じる