プロミス審査にアナタは通る?申し込みシミュレーション

プロミスで借りていても車のローンは利用可能?その疑問を解決!

プロミスなどのカードローンは、ちょっとお金が足りない時などのサポートとして非常に便利です。

ですが、「カードローンを利用していると車のローンや住宅ローンを利用することができない」なんて話もよく聞きますよね。

この話を聞いて「カードローンを使いたいけれど、車のローンなどに影響が出たら嫌だな」と思って利用できない…という方もいるのではないでしょうか。

実際のところ、車のローンに影響を与えることがあるのか、利用することができないのか?などなど気になる部分を調べました。

「プロミスで借りていると車のローンが利用できない」は間違い

「プロミスでお金を借りていると、車のローンが利用できない」という話がありますが、それは「間違い」と言ってもいいでしょう。

昔はそのようなこともあったかもしれませんが、今は「カードローンを利用しているから車のローンの審査には通りません」ということはそうそうありません。

プロミスで借りていても車のローンは利用出来る

プロミスやプロミス以外のカードローンでお金を借りていても、車のローンを組んでいる方は沢山います。

また、中には「車のローンは総量規制に影響があるのかな?」と不安を感じる方もいるかもしれませんのでその点について補足しておきましょう。

総量規制は

  • 消費者金融
  • 信販会社
  • クレジットカード会社

が貸すお金が対象となります。

信販会社なんかは車のローンを組むことがあるでしょうから、総量規制の対象になっちゃう!と心配になる方がいるのもわかりますね。

しかし、車のローンに関しては総量規制の「例外」として、年収の3分の1を超えても規制されないようになっていますので、安心して信販会社の車のローンを組むことも可能です。

当然、銀行などそもそも総量規制の対象外となるところの車のローンによる借入は総量規制に入りません。

ただし、審査に影響が出る可能性はある

何度も繰り返していますが、カードローンを利用していれば車のローンを借りられないことはありません。

しかし、審査に影響が全く出ない…というわけでもありません。

全く同じ条件で車のローンを組む場合、カードローン利用の有無で審査結果が変わる可能性はゼロではないからです。

車のローンの審査基準もそれぞれ様々ですから、カードローン利用が審査に大きく影響しないところもあれば、それなりに影響するところもあるでしょう。

今カードローンも必要で使っているのであればそのまま使っていけばいいですが、今特別利用していない(利用する予定もない)のにカードローンの契約をしている、という方は解約したほうがいいでしょう。

また、カードローンの返済が遅れがちといった場合、返済能力に疑問を持たれる可能性は高いです。

カードローンの返済も出来ないのに、車のローンが返済出来るのか?と思うのは当然のことですよね。

加えて、年収に見合った金額の車を購入するかどうかでも変わってくるでしょう。

ちょっとお高い車を購入する場合は、他の借入があると返済が厳しくなるかもしれないと判断され、審査に通らない可能性が高まるかもしれませんが、そこそこのお値段であれば返済の負担が大きくならないので審査に可決しやすくなる…といった感じです。

車のローンの代わりにプロミスのカードローンで借りるのは有効?

また、時々出てくる質問のひとつが「車のローンを組まずに、プロミスのカードローンを利用して車のローン代わりにするのはどう?」というもの。

これは正直オススメ出来ません。

…と、藪から棒に言われても「なんで!?」と思ってしまう方もいるかもしれません。なぜオススメ出来ないのか、その理由を詳しく解説していきます。

金利が違いすぎることが多いのでオススメしない

オススメ出来ない大きな理由が「金利の差」です。

いくつかのマイカーローンと、プロミスのカードローン(フリーキャッシング)の金利や利用限度額を比較した表がこちら。

名称 利用限度額 適用金利
プロミス
(フリーキャッシング)
~500万円 4.5%~17.8%
損保ジャパン日本興亜
(ジャパンダ・ネットマイカーローン)
20万円~999万円 1.90%~2.85%
アプラス
(アプラスマイカーローン)
10万円~500万円 1.90%~7.90%
三井住友銀行
(マイカーローン)
10万円~300万円 4.475%(変動)

明らかにマイカーローンの方が金利が低くなっていますよね。

これは利用条件の差もあります。

カードローンは保証人や担保不要で利用することが出来、審査もマイカーローンに比べたら甘めですが、マイカーローンは車を担保にした借入となるため、その分金利が低くなっていますし審査も厳しくなります。

とはいえかなりの差ですから、車を購入するのであれば、カードローンよりマイカーローンの方が絶対に負担が少ないことはよくわかるのではないでしょうか。

どうしても利用したいなら一部のみにしたほうがいい

それでも!どうしてもカードローンを利用したい!という強い意思がある場合、全額をカードローンにするのではなく、一部をカードローンにする、というのはどうでしょうか。

例えば100万円分お金を借りる必要があるとした場合、70万円はマイカーローンで借り、残りの30万円はカードローンで借りる、といった感じです。

プロミスは「目的ローン」も利用可能!カードローンよりこちらを

「マイカーローンの方が金利が低いのはわかった。それでもプロミスで…」という、プロミス愛が強すぎる(!?)方の場合、フリーキャッシングよりは「目的ローン」の利用をオススメします。

プロミス=カードローンというイメージを持たれている方は多いと思いますが、実は複数の商品があり、目的ローンはその中のひとつです。

その名前の通り「お金の使用目的が決まっている」場合に利用することが出来るローンとなります。

「目的ローン」のスペックはどんな感じ?

プロミスの目的ローンのスペックをチェックしてみますと、このような感じになっています。

融資可能額 1万円~300万円
適用金利 6.3%~16.5%
返済期日・回数 毎月6日/最長6年(2~60回)
利用条件 年齢20歳以上69歳以下で
本人に安定した収入がある
資金使途 生計費
担保・保証人 不要

カードローン(フリーキャッシング)よりも適用金利が低めになっていますね。保証人や担保が不要なところも嬉しい部分ではないでしょうか。

資金使途は「生計費」となっていますが、これは生活費だけではなく、買い物や旅行といったものも含まれますので、車を購入する際の資金としても利用できるでしょう。

目的ローンとフリーキャッシングの違いは?

目的ローンとフリーキャッシングの違いは2つあります。

1つ目は「借入と返済の関係」。

フリーキャッシングの場合は利用限度額の範囲内であれば借入と返済を繰り返すことが可能ですが、目的ローンは最初に希望額をまとめて借入、あとは返済するだけです。

目的ローンは一般的な車のローンと同様のスタイル、と思っていただければいいでしょう。

2つ目は「返済方法及び返済期日」。

フリーキャッシングは様々な返済方法から選ぶことが出来ます(契約スタイルによっては固定される部分もあります)が、目的ローンの場合は「口座振替」のみです。

また、返済期日も同様に、フリーキャッシングでは4種類から基本選ぶことが可能ですが、目的ローンは毎月6日しか選べません。

申込みは「お客様サービスプラザ」からのみなので注意!

目的ローンの注意すべきポイントは、申込み方法が限定されていることでしょう。

具体的には、プロミス店頭(お客様サービスプラザ)でしか申し込むことが出来ないんです。

プロミスの有人店舗は自動契約機と違いその数が少なく、全国でも20店舗ほどしかありません。

インターネットや電話からの申し込みも出来ないので、店舗が近くにないと申し込みさえ大変…というのが大きなネックになりそうです。

きちんと返済していれば大きな影響は出ない。代わりにするには不向き

もしカードローンを利用していたとしても、きちんと毎月返済をしていれば、車のローンの審査に大きな影響が出ることはないでしょう。

ただし、返済を怠っているような場合はそれが原因で審査に落ちてしまう可能性もありますので気をつけましょう。

また、カードローンを車のローンの代わりとして利用するのは、金利の面から不向きです。

カードローンと車のローンを併用するか、車のローンはそれだけにして、別途カードローンで急な出費に備える…といった使い方をする方が金銭的な負担も少なく済むのでおすすめです。

どうしてもプロミスで車のローンを組みたいと思うのであれば、目的ローンを利用しましょう。

閉じる
閉じる