プロミス審査にアナタは通る?申し込みシミュレーション

少しでもお得に使いたいなら必見!プロミスの無利息期間活用法

プロミスには、初めて利用する方であれば「無利息期間」サービスを受けることができます。

非常にありがたいサービスではあるものの、活用方法を知ることで、もっとお得に使うことが出来るんです!

30日とはいえ、せっかく無利息で利用できるのですから、活用しない手はありませんよね?

そこで!この記事ではプロミスの無利息期間サービスの基本的な説明から、上手く無利息期間を活用するポイント、無利息期間を利用する上で注意しておきたいポイントをご紹介。

これからプロミスを利用しようかな、と思っている方は必見です!

プロミスの無利息期間は30日。計画的に利用を!

まずはプロミスの無利息期間について、しっかりとその内容を知る必要があります。

なぜなら、内容を把握していないと活用することも出来ないからです、当然ですよね!

…というわけで、さっそく無利息期間の内容を見てみましょう。

プロミスの無利息期間の特徴は、利用開始日!

プロミスの無利息期間の内容は以下の通りです。

無利息期間 利用開始日
30日 初回借入日の翌日

他社(消費者金融)の無利息期間と比較してみますと、

名称 無利息期間 利用開始日
アイフル 30日 契約日の翌日
アコム 30日 契約日の翌日
ノーローン 7日 初回借入日の翌日

となっており、特別プロミスが長いわけではありません。

が!注目していただきたいのは「利用開始日」の方です。

アイフル・アコムは「契約日の翌日」となっていますが、プロミス(とノーローン)は「初回借入日の翌日」となっています。

これはかなり重要で、契約日の翌日から無利息期間がスタートしてしまうと、お金を借りていなくても無利息期間がなくなっていきます。

しかし初回借入日の翌日からスタートする場合、お金を借りなければ無利息期間が切れることはないので、30日間の無利息期間を1日たりとも無駄にすることなく使うことが出来るんです。

無利息期間内に完済すればもちろん利息は0円

無利息期間内に借りたお金を完済すれば、当然かかる利息は0円。つまり借りたお金と同じ額のみで借入ができちゃいます。

カードローンを利用する上でネックになるのは「利息」ですから、そこの心配をしなくていい…というのはありがたいことですよね!

プロミスの無利息期間を最大限活用するために知っておきたいポイント

このトピックでは、プロミスの無利息期間サービスを最大限活用するために是非とも知っておきたい、知っていたらお得といえるポイントを紹介していきます。

もちろんすべてをしろ!というわけではありませんので、自分の中で「いいな」と思った部分を取り入れるなどして、よりお得に無利息期間を使っていただければなと思います。

30日の範囲内なら完済→再度借入も対象

例えば、3月31日にお金を借りたとすると無利息期間は4月1日~30日の30日間となりますが、その間に「完済→再度借入」をしても、無利息期間の範囲内であればそのまま無利息で利用することが出来ます。

具体例を出してみます。

・3月31日に3万円借入→4月5日に完済
・4月15日に5万円借入→4月28日に2万円返済

とした場合、最初の3万円分の金利は0円、追加で借入した5万円のうち返済した2万円分も利息は0円です。

その後30日までに残りの3万円を返済したら利息0円で合計8万円を借りられたことになりますし、返済しなかったとしても5月1日以降3万円分にのみ利息が計算されます。

無利息期間でも毎月の返済はあるので注意

無利息期間を利用していても、毎月の返済はしなければなりません。

これは「約定返済(やくじょうへんさい)」と言うもので、利息がついている・ついていないにかかわらず発生するものです。

この返済を忘れると「延滞」となり、無利息期間の利用がストップされたり、遅延損害金を支払うことになりますので注意しましょう。

無利息期間のうちにできるだけ返済しておくとお得!

無利息期間の間に、全額…とまではいかなくとも、結構な金額を返済しておくとその後の返済がぐっとお得になります。

プロミスのホームページには「毎月の返済最低額」が記載されていますのでそれを参考にしますと、例えば5万円を借りている場合、最低返済額は「2,000円」となります。

本来であればこの2,000円の内訳は「元金(借りたお金そのもの)+利息」の合計額となり、(実際そういうわけではありませんが)「元金500円+利息1500」のような感じで、最初はどうしても返済額のうち利息にあたる割合が高くなります。

なので2,000円返済したとしても元金はあまり減らないんですね。

しかし無利息期間内は利息が発生しないため、2,000円は100%元金の返済に充てられます。

つまり、返済までの期間をぐっと減らすことが出来、かつ支払う利息額もかなりカット出来るんです。

お金がピンチで借りたのに、それをできるだけ返済しろというのは酷だ!と言いたい方もいると思いますが、より「お得」に使うなら、ぜひ無利息期間のうちにできるだけ返済してみてください。

無利息期間終了前に追加借入はあんまりオススメしない

追加借入をしても無利息期間内であれば利息はつきませんが、当然無利息期間が終われば利息はつきます。

なので、無利息期間が終わる直前に追加で借入してしまうと、支払う利息額は追加分と合計した額での算出となってしまいますので、あまりオトクとはいえません。

どうせ追加借入をするのであればできるだけ無利息期間が残っているタイミングにし、少しでも利息を減らした方が良いかもしれませんね。

よりお得に使うなら「ポイントサービス」も忘れずに

無利息期間そのものに影響は出ませんが、今後もプロミスをオトクに使いたい!と考えているのであれば絶対に外してはならないのが「ポイントサービス」への加入です。

もちろん加入にあたって料金などは必要ありません。

ポイントサービスを使って無利息期間を再度使える!

なぜポイントサービスに申し込んだ方がいいのか、その理由はためたポイントの使い先にあります。

ポイントの使いみちは2つ。

  • 提携ATMの利用手数料無料
  • 無利息期間サービス

そう!ポイントサービスでためたポイントを利用することで、無利息期間サービスを再度使うことができちゃうんです!

7日間 15日間 30日間
250ポイント 400ポイント 700ポイント

しかもこのように所持ポイントや必要な無利息期間に合わせて3種類から選べます!

ポイントサービスは自動加入じゃないので注意!

注意していただきたいのは、ポイントサービスはプロミスと契約したら自動的に加入しているものではない、ということです!

ポイントサービスの存在を知らずに1年2年と使っていたら、300ポイント以上の差がつくことも。

それだけでも7日間の無利息期間サービス分を損していることになりますから、できるだけ早く加入することをおすすめします。

加入は会員サービスページから行えますので、契約後、契約内容の確認などとともに加入してしまうといいでしょう。

消費者金融の中では親切な無利息サービス。ぜひ活用を!

契約日翌日から無利息期間が開始されるものに比べて、プロミスのような初回の借入日の翌日から無利息期間がスタートするタイプは非常に良心的だと言えます。

とはいえ、借入額が2000円であっても無利息期間はスタートしてしまいますので、より利息をカットしてお得に使いたいと思うのであれば、ある程度まとまった金額を借りるほうがいいでしょう。

しかしそこで全然返済できないままですと、結局利息額は大きくなりますので非常に難しいところではあります。

無利息期間だからといって必要以上の額を借りることはオススメしませんが、余裕を持った金額を借りておき、不要な分は無利息期間の間にまとめて返済しておく…という形を取ることで無駄な利息がつくことなく、お得に使えると思います。

せっかくのサービスなのですから、できるだけ上手に活用したいところですよね。

もちろん、ポイントサービスへの加入も忘れずに!

閉じる
閉じる